ニューヨークとは

ニューヨーク市は世界最高水準の世界都市、金融センターであり、世界の商業。1790年以来、アメリカ合衆国最大の都市であり、別名「眠らない街」。

文化、ファッション、エンターテインメントなどに多大な影響力を持ち、ハーレム・ルネサンス、絵画の抽象表現主義、ポップ・アートや、ヒップホップ、パンク・ロック、ロフト・ジャズ、サルサ、ディスコ、ティン・パン・アレーなどの音楽ジャンルが生まれ、ブロードウェイ劇場も有名である。

800万人を超える市域人口はを数え、定義によっては異なるものの都市圏人口では2000万人以上を超えるとされている。
2009年の市内総生産は6014億ドルであり、全米最大。世界中でも東京に続き世界2位の市内総生産となっている。

ニューヨークの成り立ちは1624年にオランダ人の手によって交易場として築かれた町である。この入植地は1664年までニューアムステルダムと呼ばれていたが、同年イギリス人の支配が始まって現在の名称ニューヨークとなった。

ニューヨーク市内には世界的に有名な地区やランドマークが多数ある。
象徴的な自由の女神像は、19世紀末から20世紀初めにかけて、アメリカへ渡ってきた何百万人もの移民を出迎えていた。
ロウアー・マンハッタンのウォール街は第二次世界大戦以来金融の国際的中心地であり、ニューヨーク証券取引所が置かれている。エンパイア・ステート・ビルディングなど超高層ビルも数々建ち並び、ワールドトレードセンターもその一つであった。国際連合本部ビルもあり、経済だけでなく国際政治の中心でもある。

また、アメリカ合衆国の他の大都市と異なり、ニューヨークでは公共交通機関が非常に発達しており、多くの交通機関が24時間運行している。バス、鉄道、空港だけでもその多様性も著しい。